Top > 健康 > 糖尿病の喉が渇く症状を予防する方法

糖尿病の喉が渇く症状を予防する方法

喉が渇くという糖尿病の症状を予防するためには、糖分の過剰摂取を控えることと、食後にはウォーキングなどで体を動かすようにして摂取した糖分は早めに体外に排出させることで症状の改善がみられます。ですが、インスリン注射を受けていたり血糖値を下げる薬を飲んでいる場合には、低血糖になることもあるので、医師とよく相談をしてから運動を始めるようにしましょう。脂肪肝が恐ろしいとされているのは、心筋梗塞であったり狭心症といった心臓病、脳梗塞などの血管系の疾病につながることがあるからです。脂肪肝の原因として挙げられるのは、カロリーオーバーや運動不足などが考えられています。食べすぎや飲みすぎを繰り返し続けると中性脂肪やコレステロールは肝臓に蓄積されます。特に30代~40代の間で脂肪肝になる人の割合が増えており、この10年間で2倍以上の増加がみられます。体動かしたりエクササイズする時はエネルギーが必須となりますが、体を動かす筋肉は血糖を利用してエネルギーに変換しています。

だから運動には血糖値をさげる役割を果たします。しかし、運動不足ではエネルギーの消費が少なくなり毎度エネルギーが過剰になります。

 

 

インスリンの分泌が増えて膵臓は働きづめになりダウンしてしまいます。

 

下肢に起こる代表的な合併症は、血液の巡りが悪くなり、体の神経が鈍くなってしまう糖尿病神経障害というものです。

 

糖尿病神経障害になることで足に痺れ、違和感があったり、ほてり、ふくらはぎの痙攣などの症状が出てくるようになります。

 

また、足の感覚は鈍くなってしまうので、足の怪我をしやすくなったり、足がつりる事が増えるようになります。

 

糖尿病は昔から遺伝すると聞きますが、発症する原因は他にもあります。

 

 

生まれた後からの日々の生活習慣が糖尿病になりやすくなるという例が多いです。わかりやすく言うと濃い味を好んで食べていると、同じ量しか食べていなくてもカロリー過剰になりやすい傾向にあります。

このような毎日の食習慣が問題になります。

インスリンが過剰に分泌された状態は食の欲求が増し脂肪の合成の性能が高まり、その取り入れを盛んにしたり、また脂肪細胞にたまった脂肪が分解しにくくなるなど、脂肪がしつこく蓄積します。わかりやすく言うとインスリンが過剰になることによりそのうえ食べ過ぎや肥満が悪化します。

 

 

血糖濃度が上がりやすくなる悪循環を繰り返します。

インスリンは胃の後方にある臓器の膵臓から分泌されるホルモンで、糖をエネルギーに切替て細胞に吸収される働きをしています。

 

食べ物を食べた後は吸収された糖が血液の中で全身をめぐるため直後は血糖値が高くなりますが、インスリンの分泌が正しく働くと糖は細胞組織に吸収されて血糖値は段々と一定量に保たれます。

 

 

 

血液の中に糖分の濃度が高ければ尿量や尿が出る回数も多くなります。

 

そして通常は体内で留まるべき水分が排尿されていくため脱水状態になり口渇感が表れます。さらにエネルギーを生み出す糖が上手く利用されないことによっていっぱい食べても痩せてしまったりお腹がすく感覚が続いたり、体のだるさや体重が減っていくようになります。血糖値を下げるサプリの特集

健康

関連エントリー
糖尿病の喉が渇く症状を予防する方法なぜ酵素ダイエットが終了しても体重を毎日計るのか?凝縮・純化した健康食品の引き換えの有毒性過度なストレスや飲酒はマグネシウム量が不十分になりやすい野菜やキノコなどの食物繊維が糖質の吸収を抑える糖尿病網膜症は初期症状は殆どなく気付くのが難しい妊娠による緊張やプレッシャーというメンタルな要素も便秘に関係がある海藻に含まれるDHAが子供に必要ノンカフェインコーヒーの摂取が直腸ガンの予防につながる?ルテインには「合成」と「天然」の種類が2つある尿酸の結晶の沈着だけが痛風の発作の原因ではないセロトニンの減少量が大きくなるとPMSの症状を自覚するつわりがひどい時は枕元に軽食を置いとくといいらしい酵素ダイエットで失敗する理由安いものを大量に買っても