Top > 慢性便秘 > 赤ちゃんの便の心配、粘りがあるような場合

赤ちゃんの便の心配、粘りがあるような場合

 

粘りのあるうんちを赤ちゃんが出すときは、どんなところに注目したらよいのでしょうか?

 

うんちにネバネバしたような粘液状のものがついているのは、膿ではなくて大腸の粘液状のものがうんちについているだけで心配するようなものではないようです。

 

大腸には粘液がもともとあって、いわば潤滑粘りのあるうんちを赤ちゃんが出すときは、どんなところに注目したらよいのでしょうか?

 

うんちにネバネバしたような粘液状のものがついているのは、膿ではなくて大腸の粘液状のものがうんちについているだけで心配するようなものではないようです。

 

大腸には粘液がもともとあって、いわば潤滑油の役割で便がスムーズに通るようなしくみになってします。

 

ですから、透明な粘液状のものが付着していたとしても、それは病気の証拠ではなく心配はないのです。

 

一方で、注意が必要なのは、にごった白や黄褐色の粘液状のものが赤ちゃんのうんちについている場合です。

 

これについては膿の可能性があります。膿が出るというのは、腸内に炎症が起きたり、悪い菌が繁殖している証拠でもあります。

 

膿は白血球の死骸であり、侵入した病原菌に対して体が戦っていることの印なのです。

 

ですから、透明の粘液上のものは心配はありませんが、にごった色のものが付着している場合は用心してください。

 

細菌性腸炎の疑いもありますから、病院で診てもらったほうがよいでしょう。赤ちゃんにオリゴ糖を毎日飲ませても大丈夫?

慢性便秘

関連エントリー
赤ちゃんの便の心配、粘りがあるような場合なぜ乳酸菌が慢性便秘を改善するのか?慢性便秘と病弱と骨折と眼鏡について