Top > 慢性便秘 > なぜ乳酸菌が慢性便秘を改善するのか?

なぜ乳酸菌が慢性便秘を改善するのか?

お茶やコーヒーの持つ独特な渋みや苦みは、ポリフェノールの成分です。

 

 

 

緑茶はカテキンを多く含み、ガンやアレルギーの抑制に役立ちます。

 

 

コーヒー独特の苦み成分であるクロロゲン酸は胃酸の分泌を助けて働きを良くしたり、肝硬変の予防にも効果があるようです。

 

ポリフェノールはココアにも多く含まれて、虫歯予防やストレス解消に効果がありピロリ菌を抑制させる働きも有るようです。20代~40代の多くに慢性的な野菜不足が有ると言われていて、このことにより体に必要なビタミン、ミネラルなどの栄養素が不足して健康について何らかの問題があるという人が増加しています。

足りない栄養をサプリメントで補う人が多くなったのには、こうした背景が影響していると言えます。

それらを改善するには、栄養のバランスを考えた食生活をことのほうが大切なことと言えます。

 

 

サプリメントは日々の食生活で足りていない栄養素を、補填してくれる頼れる味方ではありますが、薬効成分はありません。

そこは忘れずに口に入れることが大切です。商品に記載されている分量以上に摂取するのは、避けましょう。また逆に他の種類の栄養素と一緒に摂取することで効果が向上するサプリもあります。健康志向で美容に関心の高い女性から大注目のルイボスティーです。

南アフリカ共和国の広大な自然の大地で育った活力に満ちたお茶で、美容と健康に役立つビタミン・ミネラルなどの女性に嬉しい成分がふんだんにバランス良く含まれています。

 

 

ダイエットや生活習慣病などに効果があり、肉や油分の多い食事が多い人や、外食ばかりで野菜が不足している、ようなひとにおすすめです。

大抵のサプリメントは食前よりも食後に取り入れた方が効果が上がります。

 

胃の中に入っている食べ物の一緒に吸収されることで吸収する割合が大きく上がります。

 

 

 

飲用するタイミングが特別、決まっていない場合、食べたあと30分のうちに服用しましょう。製品によっては空きっ腹の状態での使用は胃の壁を傷める現象があるので、気をつけましょう。

 

赤・青・紫などの色調の成分であるアントシアニンはブルーベリーやブドウ、プルーンなどに多く含まれていて、目の機能を高める効果があるとされています。

イソフラボンは大豆に含まれていますが特に胚芽部分に多く含まれていて、エストロゲンに似た構造を持ち女性ホルモンの作用をすると言われていて話題となっています。

 

女性の更年期障害や骨粗しょう症の予防などに効果を期待できますので、女性には必要な成分となっています。

 

 

用心すべきなのは知らぬ間に同じ成分の過剰摂取になる場合です。

例を挙げると、コラーゲンなどの美容成分は、たくさんの健康食品に含まれていることが多いので、数種類のサプリを使用していると、成分が重複することもあります。

 

例えばプエラリア抽出物のように時に悪い影響をもたらす可能性のある成分もあるので気を付けましょう。多くの乳酸菌が腸内で働くことで、健康が促進されます。

腸内の免疫細胞が刺激されることで、免疫力が上がります。免疫バランスを正常にすることで花粉などアレルギーの症状を和らげたり、感染症を予防して風邪などをひきにくくします。

 

 

 

しかも腸内に乳酸菌の量が増えることで蠕動運動が活発化して、便秘解消や予防にも効果があります。高齢者 便秘 解消

慢性便秘

関連エントリー
赤ちゃんの便の心配、粘りがあるような場合なぜ乳酸菌が慢性便秘を改善するのか?慢性便秘と病弱と骨折と眼鏡について