Top > 健康 > 野菜やキノコなどの食物繊維が糖質の吸収を抑える

野菜やキノコなどの食物繊維が糖質の吸収を抑える

インスリンは胃の後方にある臓器の膵臓から分泌されるホルモンで、糖をエネルギーに転換し細胞に取り入れる作用があります。食後に腸壁から吸収された糖が血液に沿って全身を循環するため一度、血糖値が上昇しますが、インスリンが正常に生成されれば糖は体内の細胞に吸収されて血糖値はゆっくりと一定量に保たれます。

 

運動したり体を動かすにはエネルギーがいるのですが、筋肉は血糖を使ってエネルギーに変換します。

 

 

だから運動には血糖値をさげる役割を果たします。

 

 

 

ですが、運動不足の状態では消費エネルギーが少なくなるので常時、エネルギーが過剰になりインスリンの分泌が非常に増加し膵臓は疲弊してダウンしてしまいます。

 

 

 

足に現れる代表的な合併症は、血流が滞り、体の神経が鈍ってしまう糖尿病神経障害です。

糖尿病神経障害が起こると足に痺れ、普段と異なる感覚がしたり、ほてり、ふくらはぎの痙攣などの症状が感じられるようになります。また、足の感覚は鈍くなるため、足に怪我を受けやすくなりますし、以前より足がつりやすくなります。

 

 

 

ダイエットをしている時も、肉や魚・大豆製品など良質なタンパク質をしっかり摂取できるような、偏りの少ない食事が重要です。

 

また食物繊維がたっぷり含まれている野菜やキノコなどの食品は糖質の吸収を抑えるなどの作用があります。

さらにショウガ・にんにく・とうがらしなどは新陳代謝を向上させ、ひとたびついてしまった脂肪の燃焼を強化します。初期の糖尿病においては、自覚症状は少なく明確な症状が体に出てこないのが特徴になります。大部分の人は仕事やストレスの疲労によるものと思ってしまい、まさか糖尿病が原因だとは考えません。それで糖尿病の発見そのものが遅くなってしまい、じわじわと合併症が進行し、気付いた時には状態が悪化していたというケースも決して少なくありません。脂肪肝が恐ろしいとされているのは、狭心症や心筋梗塞などの心臓病、他にも脳梗塞などの血管系の疾患につながることがあるからです。脂肪肝になるのは、運動不足であったりカロリーの摂りすぎになります。

 

暴飲暴食などで肝臓には中性脂肪やコレステロールが蓄積されていきます。特に30代~40代の人で脂肪肝が増えており、2倍以上の増加が過去10年で確認されています。

 

自覚症状はあまりみられず気付くのが遅れることもあります。食欲の低下・疲れやすいといった症状が出る場合もありますが、肝臓に原因があると自分で見抜くことは難しいといえます。

 

気にかかる場合には診療機関の内科へ行き、人間ドックなどを受けることで血液検査をしてもらえるので、確認は難しくありません。

 

 

 

医師は血液検査の値をもとに診断してくれます。治療の手段の一つであるインスリン注射は膵臓が傷を負うことで、正しくインスリンが分泌されなくなったため、外部から補い血糖値が基準内での安定を維持するためのものです。でも血糖が改善されると、膵臓がインスリンを作りやすくなるため、注射の量や回数を減らしたり、内服薬だけの治療が視野に入ってくることもあります。糖尿病の予防のためのサプリ

 

健康

関連エントリー
過度なストレスや飲酒はマグネシウム量が不十分になりやすい野菜やキノコなどの食物繊維が糖質の吸収を抑える糖尿病網膜症は初期症状は殆どなく気付くのが難しい妊娠による緊張やプレッシャーというメンタルな要素も便秘に関係がある海藻に含まれるDHAが子供に必要ノンカフェインコーヒーの摂取が直腸ガンの予防につながる?ルテインには「合成」と「天然」の種類が2つある尿酸の結晶の沈着だけが痛風の発作の原因ではないセロトニンの減少量が大きくなるとPMSの症状を自覚するつわりがひどい時は枕元に軽食を置いとくといいらしい酵素ダイエットで失敗する理由安いものを大量に買っても