Top > 慢性便秘 > 慢性便秘と病弱と骨折と眼鏡について

慢性便秘と病弱と骨折と眼鏡について

病弱だとか、骨折だとか、当事者は大変なんですけど、子供の頃ってなんか憧れましたよね。それがかっこいいとすら思っていたかもしれません。実際病気になってみたり、ケガしてみたら不便なことが沢山あって、全然いいものじゃないというのが分かるんですけどね。そのときにならないと分からないものですよね。たまに生活リズムが崩れたからか、便秘になるときがあります。たかが便秘なんですけど、普段と違う体に違和感を覚えます。慢性便秘の人はこれがいつものことですからね。違和感が普通という状態なんでしょうね。なんだか便秘だと、いつもよおすか分からなくてトイレをいつも気にしている状態なんですけど、そんなことでソワソワしたりもしないんでしょうね。目が悪い人がコンタクトをしたり眼鏡をかけているようなものでしょうか。その人にとったら大したことないんですよね。

 

慢性便秘にまつわるいろいろ

 

そういえば、眼鏡にも憧れましたよね。いまは眼鏡の子も多いから、憧れたりはしないかもしれませんが。昔は、わざと暗い所で本を読んだりした人もいるのではないでしょうか。あれは遺伝なんですかね。何しても良い人は視力がいいままで、何もしてなくても知らないうちに悪くなってる人もいるんですよね。

慢性便秘

関連エントリー
慢性便秘と病弱と骨折と眼鏡について