Top > 健康 > 糖尿病網膜症は初期症状は殆どなく気付くのが難しい

糖尿病網膜症は初期症状は殆どなく気付くのが難しい

血糖値が高いまま放っておくと症状は進んでしまい、目に合併症が起きる可能性もあります。目の合併症で多く見られるのは糖尿病網膜症というもので、初期症状は殆どなく気付くのが難しいという特徴があます。

ところが症状が進行すると周囲がかすんで見えたり、視力が低下したり、黒い点が見えるなど、最悪の場合には失明してしまう危険があります。

糖尿病は遺伝するとされていますが、他にも理由があります。

 

今までの生活習慣による後天的な影響で糖尿病のなりやすさを決めることが多々あります。

 

悪い例として、濃い味付けが好きな人は、たとえ同じ量しか食べなくてもエネルギーが過剰になりがちです。この毎日の積み重ねが問題になります。

 

 

毎日を活発に過ごすことは糖尿病が予防・改善されるのに役立ちます。

 

 

10分間だけでも体を動かして運動を心がけましょう。

 

わずか10分という少ない時間ですが、1日で数セットするとそれなりの時間になるものです。他にもエスカレーターを使わないで階段を使う、タクシーは目的地の手前で降りて、少し長めに歩くといった工夫例もあります。

 

 

治療の方法の一つであるインスリン注射は膵臓がダメージを受けたことで、インスリンがきちんと分泌されなくなったため、外部から注入することで血糖値を基準値にもっていくためのものです。ですが血糖が改善されることで、膵臓がインスリンを作りやすくなるため、注射する回数や量を減らせたり、のみ薬一本での治療が不可能であるとは言い切れません。

外食の際には糖質がメインになっている麺類や丼ものなどは控え、あっさりとした和定食を選ぶようにしましょう。

 

 

 

また、付き合いの席でお酒を口にしなくてはならない時もあるでしょう。そういった場合には、カロリーオフ、糖質ゼロタイプのものなどを選び、飲み過ぎには気を付けましょう。

 

 

糖尿病の食事療法において、1日3回の食事の量の配分が一番肝心です。

1回の食事で大量に食べてしまうと、血糖値が急上昇してしまいます。

一般的な日本人の食生活は朝食は少量で夕食をしっかりととる事が多いです。

 

 

朝は早めに起きて、ゆっくりと重めの朝食を食べることが健康への第一歩です。

脂肪肝の恐ろしい点は、心臓病である狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの血管系の疾病を引き起こす可能性もあるためです。

 

 

 

脂肪肝の原因として挙げられるのは、運動不足やカロリーの過剰摂取です。

 

 

 

暴飲暴食などで肝臓にコレステロールや中性脂肪が蓄積されていきます。

 

 

脂肪肝は特に30代~40代の人の間で増えていて、過去10年間で2倍以上の増加が確認されています。下肢に起こる代表的な合併症は、血流が悪くなり、体の神経が鈍ってしまう糖尿病神経障害です。糖尿病神経障害が起こると足に痺れ、違和感を覚えたり、ほてり、こむら返りなどの症状に気付くようになります。また、足の感覚が鈍くなるため、足を怪我しやすくなったり、足がつりる事が増えるようになります。糖尿病に効果のあるオリゴ糖とは?

 

 

 

健康

関連エントリー
糖尿病網膜症は初期症状は殆どなく気付くのが難しい妊娠による緊張やプレッシャーというメンタルな要素も便秘に関係がある海藻に含まれるDHAが子供に必要ノンカフェインコーヒーの摂取が直腸ガンの予防につながる?ルテインには「合成」と「天然」の種類が2つある尿酸の結晶の沈着だけが痛風の発作の原因ではないセロトニンの減少量が大きくなるとPMSの症状を自覚するつわりがひどい時は枕元に軽食を置いとくといいらしい酵素ダイエットで失敗する理由安いものを大量に買っても