Top > 健康 > セロトニンの減少量が大きくなるとPMSの症状を自覚する

セロトニンの減少量が大きくなるとPMSの症状を自覚する

自覚症状のない人もいるのですが、月経のある女性の中で、ほぼ8割に何かしらの月経の前に不快な症状があると言われています。症状に悩まされる期間は個人個人で差があり、排卵の時期から月経が始まるまでつづく人もいれば、月経の2~3日前から少しだけ不快感が出る人もいます。

 

 

PMSの症状をきつくする要因もあります。突発的な環境の変化や激務などのストレス、真面目で融通が利かない完璧主義な人格、カフェインが入っている珈琲やアルコールをよく飲む方や食生活がアンバランスな状態では症状がひどくなる可能性があります。スキンケアにおいてアンチエイジングに効果があるとうたっている化粧品を使うと、しわ・シミ・たるみのようなお肌の老化をゆっくりにすることができます。かといって、アンチエイジング化粧品を使用していても、生活習慣が良くなければ、肌の老化のほうが優ってしまい効果は感じにくいでしょう。

 

 

体の内部からのスキンケアという事も忘れてはいけない事なのですね。

 

 

骨盤の傾きは周囲の血流を悪化させます。その為、卵巣機能が低下し、ホルモンの生成が乱れます。骨盤の矯正体操やバランスボールを利用してみましょう。ウォーキングや体を曲げ伸ばしする運動など体温を上げる運動を日々継続すると、自律神経の乱れが整っていきます。

 

 

 

気持ちも上むきになり血流が良くなるのでむくみ(マッサージをする、食生活を見直す、運動をして筋肉をつけるなどの解消方法があります)も楽になります。疲れ立と感じる場面が増えたり、ひとたび疲れるとその疲れが抜けるまで時間がかかるのは、女性ホルモンがアンバランスになり自律神経が不安定になることに起因しています。交感神経(闘争と逃走の神経とも呼ばれていて、緊張していたり、ストレスを感じてると働きます)は自律神経のうち緊張であったり活動を、副交感神経(闘争と逃走の神経とも呼ばれていて、緊張していたり、ストレスを感じてると働きます)はリラックスや老廃物の排出を司る神経です。この切り替えが正常に機能せず交感神経(闘争と逃走の神経とも呼ばれていて、緊張していたり、ストレスを感じてると働きます)が高まり続けると、倦怠感を自覚することにつながります。

 

 

PMSの病状は、食べ物や定期的な運動量、身体の休息などのライフスタイルが大きく関係しています。調子が優れない時期には毎度、生活の中でちょっとした修復を持続する必要があります。身体がもとめている事を理解して、怠惰な生活習慣を見直し、自分自身の自然治癒力を上げていきましょう。排卵の後から月経が始まって7日ほどの間は、またの名を愛情ホルモンと呼ばれるオキシトシンの分泌が増えて、精神的な安定を得るようです。

ところが一方では幸福感を増やしてくれるセロトニンの分泌量が月経前に少なくなるため、オキシトシンの分泌量と比較した場合にセロトニンの減少量が大きくなると、PMSの症状を自覚するようになるのだと言われています。

PMSの症状緩和には体を正常な状態にするビタミン、ミネラルの摂取が有効です。バランスのとれた食事を心掛けるのが基本ですが、日常的に栄養不足と思われる方はマルチビタミンやミネラルのサプリメントを服用するのもいいでしょう。

しかし、砂糖を使った甘い食べ物は、体にとって大切なビタミン・ミネラルを消費し、イライラする原因となっているのです。PMSのための人気のサプリこちら

健康

関連エントリー
尿酸の結晶の沈着だけが痛風の発作の原因ではないセロトニンの減少量が大きくなるとPMSの症状を自覚するつわりがひどい時は枕元に軽食を置いとくといいらしい酵素ダイエットで失敗する理由安いものを大量に買っても